Topics ( 4 )

Category
災害公営住宅入居、避難指示解除地域住民にも柔軟対応を!
山口和之は3月22日、東日本大震災復興・原子力問題特別委員会で質問に立ち、福島県楢葉町から避難した住民らが、短期に避難指示が解除されたことを理由に、避難先の災害公営住宅に入居できない問題を取り上げました。 山口和之は「避難先の復興住宅に住みたいという要望が少なからずある。子どもが避難先の学校で成長し、帰還できないという...
原発事故の避難計画は国主導で策定し、規制委員会の審査対象に!
山口和之は3月23日、環境委員会で質問に立ち、①化学物質と子どもの健康の関係を調べるエコチル調査、②原子力防災のあり方、③環境重視の東京オリンピック・パラリンピック大会へ向けた取り組み――などについて、政府の姿勢をただしました。 この中で、山口和之は、3月9日に大津地裁で高浜原発3・4号機の停止命令が出されたことを取り...
要介護1・2の生活援助を保険から外すのは拙速だ!
厚生労働省の社会保障審議会介護保険部会において、要介護1・2といった軽度者の生活援助を保険から外すことの検討が始まりました。介護保険の財政負担増に危機感を持つ財務省が一昨年から圧力をかけており、審議会では今年中に結論を出すこととなっています。 これを受けて、3月9日の参議院予算委員会で質問に立った山口和之は、「一昨年、...
【東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会】高木復興相の原発再稼働推進の姿勢をただす
参議院の震災復興・原子力問題特別委員会は12月11日、閉会中審査を行い、山口和之が質問に立ちました。 この中で山口和之は、新任の高木復興大臣に対し、大臣が「原発の再稼働は国家的急務」との提言を言っている自民党の議連の事務局長を務めていることを取り上げ、その考えは今も変わっていないのかとただしました。 高木復興大臣は「政...
【閉会中審査】マンションの基礎ぐいテータ流用問題などただす
参議院国土交通委員会は12月3日、閉会中審査を行い、山口和之も質疑に立ちました。山口和之はこの中でまず、マンションや施設の基礎ぐいデータの流用問題を取り上げ、再発防止へ向けた国土交通省の対応をただしました。その上で、「今回の事件は多重下請けによるチェック漏れや、工期優先という建設業界の構造的な問題が露呈したものであり、...
福島県町村会と地域課題について意見交換
10月28日、福島県関係国会議員と福島県町村会役員との意見交換会が都内で開催され、山口和之も出席しました。 町村会側からは、復興財源の確実な確保、中間処理施設の整備等、県の復興再生に向けた19項目について要望されたほか、地方創生の推進、JR只見線の早期全線復旧、医師の確保、介護人材の確保など様々な要望が国会議員に対して...
農林水産大臣・厚生労働大臣への原発事故による風評被害補償・支援要請
3月25日、JA福島五連の庄條徳一会長、大橋信夫副会長、JAふたばの志賀秀榮代表理事組合長、JA福島中央会の野口裕樹農業対策部次長より農林水産大臣、厚生労働大臣に対して要請があり、原発事故による出荷停止や風評被害に対する補償・支援などを求めました。 農林水産大臣室にて 厚生労働大臣室にて