Page 12

地球温暖化対策は、原発に頼るな! 再生可能エネをもっと伸ばせ!
日本政府は昨年末、日本として2030年までに2013年比で26%のCO2など温室効果ガスを削減することを約束したパリ協定に合意しましたが、これを受けて国内の対策を講じるための「温暖化対策推進法」の改正案が政府から提出され、参議院環境委員会では山口和之が5月12日、17日、19日の3回質疑に立ちました。 山口和之は、日本...
厚労省「熊本の被災高齢者の介護予防へ、専門職団体と緊密に連携する」
山口和之は5月2日の参議院決算委員会で質問に立ち、熊本の避難所における高齢者の健康問題を取り上げ、「医療救護班、いわゆるDMAT、その後のリハビリ等々のJRATなどが帰った後、長期的フォローが必要。厚労省としてどう対応していくのか」とただしました。 これに対し、三浦老健局長は、「避難生活が長期化する高齢者は生活不活発病...
ケアマネジメントの公正中立性の確保へ、減算制度の見直しを!
厚労省は、ケアマネジメントの中立公正を確保する観点から、ケアマネ事業所が作成するケアプランにおいて、利用するサービス事業所が特定の事業所に集中する割合が80%を超える場合にケアプランの介護報酬を減額する「特定事業所集中減算」の仕組みをこれまでとっていましたが、会計検査院はこのほど介護保険に関する実態調査を行い、その結果...