Page 16

女性医療職が働き続けられる環境整備を厚労大臣に要望
増え続ける女性の医療職が、妊娠・出産・子育て・介護などのライフステージが変わる中で、専門職として医療に従事し続けられる環境を整備しようとつくられた超党派の「女性医療職エンパワメント議員連盟」(野田聖子会長)は12月15日、加藤勝信厚労大臣に対し、「病院に勤務する医療従事者の乳幼児等に対する院内保育・病児保育に財政支援を...
PT等を配置する通所介護事業所では機能訓練に高い効果
6月21日に開催された社会保障審議会介護給付費分科会では、通所介護や通所リハビリテーションについて議論されました。 この中では、昨年12月の同審議会介護保険部会の意見書で「通所リハビリテーションと通所介護を比較した場合、通所リハビリテーションの方がリハビリテーション専門職が多く配置され、日常生活自立度や要介護度に改善が...
介護給付費分科会 退院後2週間以内の訪問リハ開始で大きな効果!
30年報酬改定に向けた議論を行っている「社会保障審議会介護給付費分科会」が6月7日に都内で開催されました。 この中で、訪問リハビリテーションについても取り上げられ、厚生労働省から、 ①訪問リハビリテーションの効果的・効率的な実施を促す観点から、訪問リハの実施状況についてどう考えるか。 ②退院後の利用者や、状態の悪化して...