Page 2

ケアマネジメントの質の向上
ケアマネジメントの質の向上を目的に、平成30年4月に行われた介護保険制度改正で、ケアマネジャーが所属し、在宅の要介護高齢者の介護サービス計画を作成する、居宅介護支援事業所の管理者の要件として、主任介護支援専門員の資格を持っている。 ということが必須となりました。   この主任介護支援専門員という資格は介護支援...
医療と介護の多職種連携はどうあるべきか
昨年の介護保険法の改正でも医療と介護の連携については大きな課題として注目を集めていました。 退院に向けてのカンファレンス開催や病棟看護師や医療ソーシャルワーカーとの面談などを行うことによる、退院時情報連携加算が従来の単位数よりも上乗せされたこと。 病院への入院時にケアマネジャー(介護支援専門員)から医療機関に情報提供を...
心不全パンデミックの脅威
心不全は日本人の死因の中でも第2位の疾患です。   心不全患者は高齢化に伴い、ますます増えていくことが予想されます。 心不全患者が急激に増えていくことを心不全パンデミックと呼びます。 日本はこの心不全パンデミックの脅威にさらされています。 現在、日本の心不全患者数は約100万人。 将来予測では2030年には、...