Page 6

外国人介護人材受け入れの現状と課題
日本の労働者人口の減少を解消するため、政府は出入国管理法を改正し、5年間で最大34万5,150人の外国人労働者を受け入れることを発表しました。 介護もその受け入れ職種のひとつとなっており、2019年4月からの5年間で約6万人の介護人材受け入れの方針を示しています。 介護はすべての産業の中で最も受け入れ見込み人数の多い業...
介護人材が足りない!
高齢化の進行とともに、介護が必要になる高齢者も増加していきます。   深刻なのは、それを支える介護の人材が不足しているということ。 現在、要介護高齢者が622万人であるのに対して、サービスを提供する介護人材が190万人となっています。 介護の現場は深刻な人材不足を迎えています。   昨年、厚生労働省...
脳卒中、予防のための教育とリハビリテーション
平成29年の人口動態統計では、脳血管疾患で11万人弱の方が亡くなられており、これは全死亡者の8.2%を占める割合となっています。 死因としては、がん(悪性新生物)、心疾患に次ぐ第三位となっています。   脳卒中は死亡につながる病気というだけでなく、要介護状態になるリスクが極めて高い疾患でもあります。 65歳以...