Topics

Category
外国人介護人材受け入れの現状と課題
日本の労働者人口の減少を解消するため、政府は出入国管理法を改正し、5年間で最大34万5,150人の外国人労働者を受け入れることを発表しました。 介護もその受け入れ職種のひとつとなっており、2019年4月からの5年間で約6万人の介護人材受け入れの方針を示しています。 介護はすべての産業の中で最も受け入れ見込み人数の多い業...
介護人材が足りない!
高齢化の進行とともに、介護が必要になる高齢者も増加していきます。   深刻なのは、それを支える介護の人材が不足しているということ。 現在、要介護高齢者が622万人であるのに対して、サービスを提供する介護人材が190万人となっています。 介護の現場は深刻な人材不足を迎えています。   昨年、厚生労働省...
脳卒中、予防のための教育とリハビリテーション
平成29年の人口動態統計では、脳血管疾患で11万人弱の方が亡くなられており、これは全死亡者の8.2%を占める割合となっています。 死因としては、がん(悪性新生物)、心疾患に次ぐ第三位となっています。   脳卒中は死亡につながる病気というだけでなく、要介護状態になるリスクが極めて高い疾患でもあります。 65歳以...
がん治療とがん教育
現在、日本国民の死因の第一位はがん(悪性新生物)で、国民の二人のうちひとりはがんになり、三人に一人はがんで亡くなっています。 一年間に37万人以上の国民ががんで死亡している計算になります。   国民病といわれるまでに脅威を与えている病気でありながら、早期発見のための検診率はまだまだ低いのが現状です。 胃がん・...
ひげを剃る。という行為は介護職員がやっていいのか
以前、福島県の介護支援専門員の方からとあるご相談をいただきました。 その内容とは「ひげを剃る行為について、理容師の資格を持っていないヘルパーなどが行ってもよいか。」というものでした。   ネット上では、「出来ない!」との見解が多いですね。 専門職の方でも知らないという人が多いようです。 なので、一人でも多くの...
望まない救急医療
自宅で最期を迎えたいと願う本人と、 それをかなえるために自宅で看取りたいと願う家族。 その人たちをサポートする訪問診療や訪問看護などの医療・介護関係者。   ただ、そういった願いが崩れてしまう場合があります。   介護負担など様々な要因で最期を病院で迎える場合もあります。 しかし、それらの場合だけで...
訪問介護はいま
要介護の利用者宅に訪問して身体介護や生活援助のサービスを行う訪問介護。 訪問介護のサービスもより自立支援を意識したサービス内容が求められるようになりました。   今年四月の介護保険の改定に伴い、見守り的援助という位置づけで、調理や掃除などの家事動作を含めた生活動作を利用者が自分自身で行うことができるよう支援す...
在宅看取りを支える人材を育成する
近年、人生の最期を迎える場所の傾向も変わってきました。 住み慣れた自宅で最期を迎える。という方が増えてきています。 病院ではなく、自宅で、家族や親しい人と一緒に最期を迎えたいという要望も増えています。   ただ、病院のような人員体制や医療設備のない在宅で行うターミナルケアには様々な障害があります。 家族の介護...
高齢者の孤独死を防ぐネットワークとテクノロジーとコミュニティー! 地域包括ケアの大きな課題!
「閉じこもり」というと若年層のイメージが強いと思いますが、もともと高齢者に使っていた言葉です。高齢者の閉じこもが、今非常に大きな問題となっています。   近年、核家族化が進み、一人暮らしの高齢者が急速に増えているからです。 内閣府が発表した平成30年度高齢社会白書では男性の独居高齢者は192万人、女性の独居高...
自立支援介護を支える人材と地域とケアマネジメント
安倍総理大臣を議長とする未来投資会議において、 「目の前の高齢者ができないことをお世話すること」が中心の介護から 「自立支援に軸足を置いた」介護へ、パラダイムシフトを行っていくことが明言され、科学的な新しい医療・介護システムを2020年までに本格稼働させることが示されました。   お世話をする介護から、自立支...